心配する男性と色々な薬
News
患者と説明する医者

ジスロマックはマクロライド系抗生物質なので、主に細菌類に有効的な効果を示します。
有効成分であるアジスロマイシンの効果は、病原微生物である細菌のタンパク質合成に使用するリボソームの構成に結合し、その働きを阻害することで蛋白鎖の伸長を抑え、細菌の発育を阻止することで抗菌することです。
加えて炎症を鎮める作用が認められているため、尿道炎や咽頭炎、気管支炎や歯肉炎などの炎症を伴う病気や治療に使用されることがあります。
適応菌種はブドウ球菌、レンサ球菌、肺炎球菌、淋菌、クラミジア属、マイコプラズマ属など幅広い抗菌スペクトルを持つことから、様々な症状に使用します。
細菌感染にはジスロマックが効くので通販しておくと便利です。
また通販ですと、面倒な病院の通院も必要ないので、恥ずかしい・人の目を気にせずに感染症を治療することができます。

最も使用されているのはクラミジア淋菌の性感染症においてで、これらの感染症は尿道炎などを伴うことから、抗炎症作用のあるジスロマックが最適となります。
また、インフルエンザの治療薬に併用するかたちで処方されることがあり、病気で免疫力が低下すると肺炎などの二次感染が起こるため、それらを予防するためにも使用します。
ジスロマックは強力な殺菌作用を持つため、腸内の善玉菌まで退治してしまうことが多く、下痢や腹痛などの副作用が起こることもあるため、1度の服用を3日に分けて飲んだり、下痢止めなどを併用することもあります。
その他のジスロマックの副作用としては発熱、発疹、胃痛と共に嘔吐などの消化管症状が多く見られ、下痢によって水分が不足しやすいことから脱水症状に陥ることもあります。
妊婦が飲んでも安全な治療薬と言われていますが、ごく稀に不整脈や肝障害、大腸炎、血液障害などの報告もあるので、副作用があまりにも酷い場合や体に不調を感じた場合は服用を中止して医師に相談しましょう。

記事一覧

感染症とは微生物が人の体に侵入して、様々な症状を引き起こす状態をいいます。 昔は様々な感染症によって...

ウィルス

ジスロマックによって治療できるようになった感染症は多く、広範囲の細菌や他の病原体に対して有効なジスロ...

薬を飲んでいる男性

性感染症は体液から感染をするものとなっているので、芸能人であっても性感染症になる可能性は十分にあるも...

悩んでいる男性

ジスロマックは抗生物質の一つです。 アジスロマイシンという成分が含まれています。 抗生物質にはいくつ...

患者を診ている医者

性感染症の中で最も多いのはクラミジアと言われ、日本では100万人以上もの感染者がいると言われています...