心配する男性と色々な薬

肛門でも感染するクラミジアの匂い判断とジスロマック治療

性行為感染症として日本で最も患者が多いとされているのが性器クラミジアであり、その患者数は10%を越えているとされています。
特に若年化が進んでいるというのに特徴があり、その感染拡大の防止が社会的な課題となっているのが実情です。
しかし、その感染についての理解が進んでいないことから感染の拡大を防ぐことができていないという状況が続いています。
クラミジアは性器から性器への感染だけではなく、口腔粘膜を介して感染していくこともできます。
それによって感染が拡大するというのが大きな影響をもたらしているとされています。

一方、性行為の嗜好も変化してきており、肛門を使った性行為も行われるようになりました。
肛門もまたクラミジアが感染する場所として知られており、性器と性器でなければ大丈夫であるという誤った認識から感染の拡大が進んでいっています。
クラミジアの患者とは性行為をしないというのが最大の予防策ですが、しばしばその判断が難しいことも事実です。

一つの指標となるのがにおいであり、クラミジアによって尿道に感染が起こると、それによって尿のにおいがきつくなることがよくあります。
それが性器のにおいとしてしみついてしまっていることがあり、他の人に比べても異常にくさいということに性行為の途中で気づくことになる場合があります。
そういった際には速やかに中断して身体を洗い流し、後日、検査を受けて感染がないかを確認した方が良いでしょう。
感染が起こっていたとしても、有効な治療薬であるジスロマックを使用すれば完治することが可能です。
一回の服用によって完治することができるため、長期にわたって症状や服薬のストレスによって苦しむ必要もないでしょう。

関連記事