心配する男性と色々な薬

爪で傷ができ感染が広がるクラミジアとジスロマック

日本において最も感染者が多いとされる性行為感染症は性器クラミジア感染症であり、その感染者は増えて続けているのが現状です。
有効な治療薬としてニューマクロライドと呼ばれるジスロマックが開発されて市場に出てきてからはその治療が容易になりました。
たった一回だけ薬を飲むことによって数週間の間に完治できてしまうことがほとんどになっているからです。
その検査方法も尿を用いて簡単に行うことができるようになっており、保健所や病院で検査を受け、その結果が陽性であれば医師を受診することでジスロマックによる治療を実施することができるでしょう。

しかし、性器クラミジア感染症は自覚症状を伴わない人が半数以上であるということが知られているため、なかなかそれに気づかずに検査せず、クラミジアのキャリアとして性行為を通して感染を広げてしまっているケースが多いのが実情です。
必ずしも感染者と性行為をすることによって感染が成立するわけではありませんが、性行為の嗜好の多様化の影響も受けて感染が広がりやすくなっているのも実情です。
口腔粘膜も感染の原因となることから、オーラルセックスによる感染の広がりが起こっているというのがその代表的なものです。
また、傷があることによって感染が起こりやすくなり、性行為中に爪で性器などに傷をつけてしまった結果として感染がより成立しやすくなってしまうということも懸念されていることです。
爪を使って強い刺激を与えるということも性行為中にしばしば嗜好として行われるようになってきており、それに加えて激しい性行為を好む人も増えてきていることは爪による傷からの感染リスクを高めている可能性が否定できない状況があります。

関連記事