心配する男性と色々な薬

包茎で感染リスクが高まるクラミジアとジスロマック

ウィルス

ジスロマックによって治療できるようになった感染症は多く、広範囲の細菌や他の病原体に対して有効なジスロマックは様々な病気の治療に用いられています。
日本において性行為感染症として最も感染が広がってしまっているとされている性器クラミジアに対しても高い有効性を示すことから、クラミジア検査をして陽性であると診断された際には基本的な治療方法として採用されています。
検査方法も尿による簡単な方法が用いられていることから、クラミジアにかかってしまったということが疑わしいと感じたら検査も治療も容易になっています。

その初期症状に注意しておくことによって速やかに治療を行えば、進行させてしまって重症になることを避けることができるでしょう。
しかし、性器クラミジアは自覚症状が伴っていないということも多いため、気がついた時には重症化してしまっているということも稀ではありません。

そのため、予防の考え方を持つことが大切であり、リスクをできるだけ回避するという考え方を持つことが大切です。
男性が包茎であるというのは男性にとっては感染を受けるリスクを高め、女性にとっては相手がクラミジアの感染者であるというリスクが高いと判断する材料になります。
亀頭が包皮に包まれていることによって不潔な状況になってしまうというのが一つの問題であり、また、クラミジアの含まれる可能性のある体液が感染の起こりやすい性器に残りやすいというのが感染を受けやすくする原因となります。
しかし、コンドームを着用すれば予防を行うことは可能であり、性行為の初めから終わりまでしっかりとコンドームを着用すればたとえ包茎であっても感染を起こしてしまうリスクは低くなるでしょう。

関連記事